今すぐ請願書に署名する
Zafra Macro Slaughter houseを停止します
続きを読む

私達何が欲しいの?

数百万人が半年の死を回避するために署名

スペインのバダホス県にあるサフラという町で、エストレマドゥーラ州最大の食肉処理場を建設するプロジェクトが進行中です。このプロジェクトはすでにエストレマドゥーラ州議会にかけられており、いくつかの主要な概算値も出されています。

  • このプロジェクトの推進者たちは、1700万ユーロの投資と100名の従業員がこのプロジェクトには必要と見積もっています。

  • 当初の予測では、年間142,500頭の豚が犠牲になります。それは、1時間あたり240頭です。そして同時に120頭がバラバラに解体されています。

操業開始初年度からたくさんの動物が殺されるでしょう。その数は年間213,750頭と見積もられており、次の第二段階では256,500頭、第三段階では468,000頭まで達するでしょう。また、サフラの所有する牧草地を購入し敷地を拡張することもこのプロジェクトには含まれています。

このプロジェクトの代表者が公表したところによると、食肉処理場の建設は年末までに50ヘクタールの土地で開始され、2021年に操業を開始する予定です。

このプロジェクトはコンプレホ・デル・イベリコ・デ・エストレマドゥーラ(Complejo del Ibérico de Extremadura, CIBEX)によって推進されています。これは、次の7つの会社による共同企業体です。セニョリオ・デ・モンタネラ、イベルコム協同組合、エスティープ•ネグラ、インダストリ•カーニク•バイラル、モンテサーノ、グループ•アレハンドロ•ミゲルそしてカンポフリオ。

サフラの食肉処理場建設反対団体である私たちは、次のことに反対します。

  • 操業開始の段階で1日に5,000頭以上の子豚を殺害するために、私たちの税金から1700万ユーロをも投資することはできません。とどまることのない産業の利益追及体質により、たくさんの命が毎日暴力的に失われています。また、その産業は、生きる権利を持っていて、かつ、生きることを渇望する動物を消費することで成り立っているのです。

食肉処理場が生み出す雇用についてはどうでしょう?

私たちは、そのような肉体的および精神的負担のある環境下で仕事をすることが、どのような結果をもたらすかを自問すべきです。以下は、多くの研究によって証明されたことのほんの一例です。

  • 怪我、負傷。
  • うつ病、解離、パラノイア、心的外傷後ストレス障害。
  • 犯罪率、家庭内暴力、飲酒および薬物乱用の増加。

この本物の大量虐殺を正当化することはできません。これは、五感を持ち、生きているんだと自覚している動物の生きる権利を奪うだけでなく、私達の健康、コミュニティ、そして自然をも危険にさらします。

動物と地球はあなたを必要としています、私たちの声に加わってください!


他の言語

他の言語でマニフェストを読んでください

お問い合わせ

あなたの懸念を聞いて喜んでいるでしょう